職業別

フリーターがカードローンの審査に通るポイントとおすすめカードローン

更新日:

安定した収入があれば、パート・アルバイトでもカードローンを利用できます。

無職や専業主婦がカードローンを利用するのは難しいですが、パート・アルバイトだからカードローンの審査に落ちるわけではありません。正社員じゃないから…と諦める前に、利用できるカードローンを検討してみましょう。

フリーターさんにおすすめなのはプロミス・アコム・アイフルなどの消費者金融です。総量規制のため借入限度額は年収の3分の1までですが、はじめて利用するかたは無利息期間サービスが受けられます。

消費者金融のアイフルでは、利用者の職種の割合を公開しています。※2018年6月5日時点の情報です。

アイフル公式サイトより
https://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PE13H906

「パート・アルバイトも意外に多いんだな」という感想をもつのではないでしょうか。カードローンは少額融資なので、「年齢が満20歳以上」「安定した収入がある」などの一定の条件を満たせば申し込み可能です。

フリーターが審査に通る3つのポイント

1.安定した収入を証明するためには「勤続年数」が重要

勤続年数は長い方が有利です。1年以上勤続していれば「安定した収入がある」と認められて有利になると言われます。

フルタイム勤務で社会保険証が発行されていれば有利です。社会保険証には企業名も記載されるので勤務先もわかります。なお、国民健康保険の保険証だからといって審査に落ちるわけではありません。

2.借入希望額に記入するのは必要最低限の金額にする

年収が低いのに借入希望額が大きいと審査落ちの可能性が高くなります。希望額よりも実際に借入可能な額は低くなることもあります。

フリーターが借りられる限度額は?

消費者金融では、総量規制によって利用限度額が年数の3分の1に制限されます。年収が90万円のかたなら3分の1の30万円が限度額です。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収の3分の1以上借りれますが、年収に対する融資の場合は、融資可能額はそこまで高くなることはないでしょう。

3.短期間に申し込むのは2社までにする

1か月以内に3社以上申し込むと「申し込みブラック」になると言われています。CICやJICCなどの信用情報機関に記録されますが、短期間に何社も申し込んでいる人はローン会社が分かります。

何社も申し込んでいる人は

  • 他社も断るほどに信用が低い
  • 相当お金に困っている多重債務者

このどちらかの可能性が高いため、カードローン会社としてはお金を貸しづらいです。

過去に延滞していて個人信用情報が残っていれば審査に通るのは難しい

勤続年数が長いのに審査に落ちる場合、個人信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に情報が記録されているからかもしれません。

過去にクレジットカードのキャッシングで延滞していたり、携帯電話料金の未納がある場合は、信用情報機関に記録されます。

アルバイトを始めたばかりでもカードローンの申し込みは可能

「バイトを始めたばかりだから審査には通らないかな…」と諦めてしまう人も多いですが、アルバイトを始めたばかりでも、しっかりと収入・返済の見込みがあれば審査に申し込めます。

「勤続年数1年以上」はあくまでも目安で、勤続年数が短くても消費者金融なら審査に通る可能性があります。

どの業者の申し込み要件を見ても「20歳以上・安定した収入のある」と内容はありますが、勤続年数〇年以上と書いてある業者はほとんどありません。SNSなどでは、アルバイトを始めて1ヶ月で審査に通ったという口コミも見られます。

フリーターにおすすめのカードローンは?

パート・アルバイトでも申し込みが可能な消費者金融がおすすめです。

「プロミス」や「アコム」などの消費者金融は、はじめて利用するかたなら無利息期間があります。無利息期間内なら借りた額だけを返せばいいので、給料が入ってすぐに返済したり、日払いバイトで利息が付く前に返済することも可能です。

銀行系カードローンは総量規制を受けませんが、審査が厳しい傾向があり、審査の時間も長くなります。もっとも一部の銀行は「パート・アルバイトの方も可」としているので、同じパートを数年続けているなら審査に通る可能性はあります。

-職業別

Copyright© カードローン倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.