職業別

看護師がカードローン審査で注意したい「在籍確認」の対策方法

投稿日:

看護師はカードローンを利用しやすい職業の一つです。手に職があって安定した収入があるので、金融業者側もお金を貸しやすいからです。

突然の出費に便利なカードローンですが、在籍確認や審査方法についてわかりにくいこともあり、契約を躊躇してしまうかたは少なくありません。。

特に「カードローンの在籍確認は病院にかかってくるの…?」と不安に思うかたが多いので、カードローン契約する際の注意点を紹介します。

カードローン契約の審査に必要なこと

カードローンは契約申込時点で

  • 氏名・生年月日・住所
  • 勤務先・勤続年数・年収
  • 借り入れ目的

などを申請します。

申告した年収が本当かどうかを証明するために収入証明書(源泉徴収票や給与明細書)が求められます。

また、勤務先を確認するために職場への在籍確認が行われます。

看護師はカードローンの審査に通りやすい

看護師は取得するのに一定の時間がかかる国家資格であり、売り手市場で仕事が見つからないことがほとんどありません。医師ほどではありませんが、審査ではかなり有利です。

正社員で勤続年数が長ければ有利ですが、勤務形態が正社員・派遣・アルバイトのいずれでも他職種と比べて有利です。

※もっとも金融機関によって審査基準は異なるので、看護師だからどのカードローンも利用可能なわけではありません。

在籍確認の電話は病院に入る?

原則として、在籍確認の電話は職場に入ります。カードローンの申込者が、職場にいるかどうかをチェックするためです。

職場に電話がかかる時間を指定できるので、自分が職場にいる時間帯に電話をしてもらうことも可能です。

在籍確認の目的はあくまでも実際に職場に勤めているかどうかなので、年収などを聞かれることはありません。

派遣で看護師の仕事をしているかたも、基本的には実際に働いている職場へ電話が入ることが多いです。業者によっては派遣会社に電話をして確認を取ってくれることもあるので、契約時にオペレーターに相談してみるのも一つの手です。

信用があるので低金利の銀行カードローンも利用しやすい

看護師は審査に通りやすいので、低金利の銀行カードローンが利用しやすいのがメリットです。

消費者金融は最大金利が年18.0%ほど、銀行は14.5%ほどです。

「審査や融資に時間がかかる」「無利息期間がない」のがデメリットですが、一枚持っておいて損はありません。

はじめてカードローンを作るなら消費者金融が有利

消費者金融は「銀行に比べて金利が高い」「年収の3分の1までしか借り入れできない」などのデメリットがありますが、

  • 審査スピードが早い
  • はじめて利用するかた限定で無利息期間サービスを行っている業者がある

というメリットがあります。

少額融資を希望していて1カ月以内に返済できる見込みがあるなら、大手の消費者金融をおすすめします。

-職業別

Copyright© カードローン倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.