カードローンの審査

転職したばかりだけどカードローンの審査に通る?融資額はどれくらい?

投稿日:

ほとんどの業者がカードローンの利用条件に「安定した収入があること」をあげています。返済能力がない人には融資できないので、毎月の給料がどれくらいか、年収がどれくらいかを調査します。

「安定した収入」は、勤続年数が長いほど有利です。返済能力が高く融資が可能だと判断されます。

勤続年数が1年未満の方は、申し込むこと自体は可能で、審査に通る可能性もあります。ただし、多額の融資を受けるのは難しいです。

就職・転職してから1年以下の方はどれくらい返済能力があると判断されるかについて解説します。

勤続年数が1カ月未満のかた

転職したばかり、アルバイトをはじめたばかりのかたでも申し込み資格はあります。

仕事が決まった時点で安定した収入があると判断され、見込み年収を目安に申し込みます。もっとも審査は厳しい結果になり、融資される額は10万円以下になると考えましょう。

源泉徴収票や給与明細などの収入証明書の提出ができないので、内定通知などを求められることがあります。

勤続年数が1カ月以上6カ月未満のかた

1カ月あれば給与明細が提出できるので「収入証明書の提出」をクリアできます。毎月の給料から見込み年収を算出できるので審査に通る可能性もグッと高くなり、融資額も20万円~30万円程度は期待できます。

多くの消費者金融は、給与明細書は直近2か月分の明細を求められます。収入証明書類の提出は、自動契約機のスキャナーを利用するか、スマホなどで写真を撮って提出する方法が主流です。

6カ月~1年以下のかた

勤続年数が6カ月あれば、毎月の給料から算出される見込み年収も現実的な数字になるので、融資を受けられる金額も増えます。

年収300万円なら30万円~50万円が目安です。将来的にもっと多額の融資が必要なら、数カ月間利用して限度額を上げていく流れになります。

消費者金融は総量規制が適用され、年収の3分の1までしか融資を受けられないようになっています。

関連: 総量規制の基礎知識(総量規制対象外のカードローン)

もっとも年収の3分の1の融資を受けられるわけではなく、実際には年収の3分の1の半分程度(見込み年収が300万円なら融資額はMAXでも50万円程度)が目安です。

会社への在籍確認は絶対にあります

カードローンの契約をする場合、在籍確認が絶対にあります。実際に給料を貰っている会社があるかどうか、本当に勤めているかを確認するものです。

関連:カードローンは職場にバレる?在籍確認の基礎知識

職種によっては、転職したばかりの従業員に電話連絡があるのは不自然です。「クレジットカードを作ったので在籍確認があるかもしれません」などと事前に会社に言っておきましょう。

-カードローンの審査

Copyright© カードローン倶楽部 , 2020 All Rights Reserved.