カードローンお役立ち情報

無人契約機でバレずにカードローン契約できる仕組みと使い方

投稿日:

無人契約機はスタッフが常駐しない小型店舗に備えられています。カードローン契約時に利用することが多く、大手消費者金融や大手銀行で導入されています。

無人契約機を利用してカードローンの契約をする流れや、プライバシー保護の仕組みについて紹介します。

無人契約機のプライバシー保護の仕組み

無人契約機は、ATMに似たような機械です。必要書類を申請するためのスキャナーやタッチパネルなど、カードローン契約に必要な機能が備わっています。

個室になっており、外から契約中の様子は一切見えません。店舗内には本部スタッフと会話できるようにカメラが備えられており、オペレーターの指示で契約をすすめていきます。

店舗は街中から郊外まで幅広く設置あります。「知り合いに無人契約機のある店舗に入店するところを見られたくない」なら、遠方にある店舗へ行きましょう。

実際に利用者の多くは、自宅から遠い場所で契約しています。

無人契約機で申込・契約するまでの流れ

オペレーターの指示に従って一つずつ操作していきます。

  1. 個人情報の入力
  2. 本人確認書類の提出
  3. オペレーターからの質問に答える
  4. 融資の審査開始
  5. 在籍確認など問題なければ審査通過(契約完了)
  6. カードを受け取って実際にキャッシングする

借り入れ・返済の両方を無人契約機で行えます。インターネットで申込を行い、カードを無人契約機で受け取ることもできます。

必要書類の忘れ物がないか確認してから訪れましょう

申込・審査に必要な書類(免許証や収入証明書など)は無人契約機のスキャナで送信します。

審査に必要な運転免許証や保険証、収入証明書などはしっかりと持って行きましょう。

無人店舗は契約機の台数が1台~2台ほどしかない

基本的に無人店舗はブースの数が少ないです。1台だけの店舗が多く、2台用意されている店舗はとても少ないです。

もしも契約手続き中の人でブースがいっぱいなら、空くまで待たなければいけません。ほとんどの無人店舗は待合室などがないので、店舗の外で待つことになり、人目が気になる方は利用しにくいです。

インターネット経由で申込や審査を行い、審査完了後にカード受取やキャッシングのためだけに利用しているかたもいます。

「無人契約機」といえどスタッフから利用者は見えます

無人契約機にはATMとしての機能も備えられているので、店舗内にはカメラが複数設置されています。

無人契約機の画面にはカメラが備えられており、カード会社のスタッフが不審な点がないかどうかチェックしています。あまり緊張する必要はありませんが、挙動不審だと審査が不利になるケースがあります。十分に注意して契約に臨みましょう。

※筆者の実体験ですが、無人契約機の前でオペレーターを待っている間に頭を抱えられているところもしっかり見られています。無人店舗内には人がいないので安心してしまいますが、誰も見ていないとは思わないほうがよいでしょう。

-カードローンお役立ち情報

Copyright© カードローン倶楽部 , 2020 All Rights Reserved.