カードローンの審査

同居家族に内緒でカードローン契約する方法

投稿日:

カードローン契約が家族にバレてしまう原因は「電話」と「郵送」です。

自宅に電話がかかってきたリ、契約書やローンカードが郵送されたタイミングでバレてしまう可能性があります。

カードローン会社からの電話

カードローンの申し込み時には電話が2回かかってきます。

  • 登録した電話番号への本人確認
  • 勤め先への在籍確認

スタッフの個人名で電話を掛けてくるので「消費者金融から借金した」とはなりませんが、怪しまれる可能性はあります。本人確認は
携帯電話を入力しましょう。特に求められない限り、自宅の固定電話番号を書く必要はありません。

携帯電話に電話がかかってくるので、家族がいない時間にかけてもらうことは可能です。消費者金融の審査スピードは早いので、申込から30分以内に本人確認の電話がかかってくることもあります。

無人契約機を利用することで、本人確認電話を家族に聞かれてしまうリスクを減らせます。

勤め先への在籍確認については、会社の従業員のかたに「クレジットカードを作ったので在籍確認の電話がかかってくるかもしれません」と一言告げておけばよいでしょう。

ただし、家族経営の会社や、自営業者で自宅で仕事をしている場合、どうしても自宅に電話がかかってきます。

自宅への郵送

郵送する書類については貸金業者も気を使ってくれるので、会社名で書類を送ることはありません。

以下は一例ですが、差出人の欄は次のように記載されます。

担当者の個人名で送ってくれるケースもあります。

アイフルは、本人限定受取でカードを送付してくれます。郵便局で受け取れるので、自宅にカードが送付されるのが困る方でも利用しやすいです。

電話や郵送書類なしで契約できる「WEB完結申込」も増えている

大手消費者金融のなかには、電話や郵送書類は一切なしでローン契約できる商品も増えてきました。

SMBCモビットやプロミスは「WEB完結申込」があり、電話や郵送はなしで、申込み・借入れ・返済まで完結します。カードのいらないカードローンなので、家族にローンカードを見られてバレてしまう心配もありません。

申し込み前にいくつかの条件はありますが、通常のカードローン契約にくわえて「指定された銀行に本人名義の普通預金口座を持っていること」くらいで、そこまで厳しい条件ではありません。

※インターネットで申し込む際には、備考欄に「家族には内緒でカードローン契約をしたい」旨の記載をしておきましょう。貸金業者の担当者も契約を取るために必死なので、融通を利かせてくれます。

-カードローンの審査

Copyright© カードローン倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.