カードローンの返済

リボ払いの仕組みや返済方式について

投稿日:

リボ払いにはいくつかの特徴があります。

  • 毎月決まった金額を返済する
  • リボ払い手数料を支払う
  • カードローンの返済はリボ払いが多い
  • クレジットカードのキャッシングは自動的にリボになることが多い
  • いつでも繰り上げ返済ができる

リボ払いはカードローン会社・クレジットカード会社の運営になくてはならないので、どの会社も積極的に勧めています。

最大の注意点は「利息が膨らみやすいこと」です。返済総額が分かりにくく、利息の多さが実感できなくなるため、『利息ばかり払い続けて元本がほとんど減らない』状況に陥ってしまうケースがあります。

しかし、リボ払いにもメリットはありますし、上手に使えば利息も大きくなりません。リボ払いの注意点や返済方式をしっかり身につけていきましょう。

リボ払いだと利息が膨らんでしまう理由

支払い額が低額だから

支払い額が途中で下がっていくから

リボ払いの返済方式について

カードローン会社・クレジットカード会社によってリボ払いの種類は異なります。

残高スライドやら元金定額・元利定額、リボルビング方式など、いくつかのキーワードが組み合わさっているので、理解しないままに利用しているかたも多いです。

リボルビング払いは大きく分けて定額方式、定率方式、残高スライド方式に分類されます。

残高スライド元金定額リボルビング方式

残高スライド元金定額リボルビング方式は、多くのクレジットカードで採用されています。

利用残高に応じて毎月の支払い額が決まり、さらに発生している利息も支払う返済方式です。

返済して利用残高が減れば、毎月の支払額(元金返済分)も減ります。(利用残高が増えれば毎月の支払い額も増えます)

残高スライド元利定額リボルビング方式

残高スライド元金定額リボルビング方式との違いは「毎月の支払い額」です。残高スライド元利定額リボルビング方式は、毎月の支払い額は固定されていて、その中に利息分が含まれています。

大手消費者金融のプロミスの返済方式は、残高スライド元利定額返済方式です。

定率方式:元利定率リボルビング方式と元金定率リボルビング方式

元利定率リボルビング方式:毎月、〆日における借入残高を確定し、借入残高に利息を加えた額に対して指定した割合(定率)で返済する方式。
元金定率リボルビング方式:毎月、〆日における借入残高を確定し、借入残高に対して指定した割合(定率)で返済する方式で借入残高に定率を乗じた返済額に加えて利息を支払う方式。

定率方式は借入残高に対して常に100%未満の返済を行うので、どこかのタイミングで一括返済が必要です。

元金定額リボルビング方式・元利定額リボルビング方式

残高スライド元金定額リボルビング方式・残高スライド元利定額リボルビング方式から、残高スライドの意味が抜けたものです。

毎月の支払い額を利用者が指定できて、毎月の支払い額は完済するまで一定です。

-カードローンの返済

Copyright© カードローン倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.