カードローンの基礎知識

カードローンの仕組みと種類

更新日:

カードローンは、「無担保で自由に借入・返済できる融資」のことです。テレビCMや雑誌広告でもよく見かけるので多くのかたに利用されています。

無担保でお金を貸すので個人の信用を重視しており、審査によっては融資を断られることもあります。しかし厳しい年収制限があるわけではなく、安定した収入があるかたなら誰でも申し込みが可能です。

限度額10万円のカードローンもあり、フリーターや主婦、学生のかたでも借りられるカードローンもあります。審査も即日~数日と時間がかからないので、急ぎでお金が必要になったときには是非検討するとよいでしょう。

カードローンはフリーローンの一種

ローンを大きく2つに分けると「目的ローン」と「フリーローン」があります。目的ローンとは「住宅ローン」や「自動車ローン」「教育ローン」などの、借り入れ目的が決まっているものです。フリーローンとは、使い道が自由のローンです。生活費の補填やおまとめなどに使われています(ただし事業性のあるものはNGのことが多いです)

カードローンはフリーローンの一種です。

担保や保証人を用意する必要はありません。ただし保証会社が保証をするので、申込時にはカードローン会社+保証会社の両方の審査があります。

返済方法はいわゆるリボ払い(残高スライド定額リボルビング方式)が主流です。

カードローンを取り扱っている金融機関

カードローンを取り扱っている金融機関は「銀行」「消費者金融」「クレジットカード会社(信販系)」などがあります。

金融機関は、適用される法律が銀行法か貸金業法によって2つに分類されます。

消費者金融や信販系は貸金業法が適用されます。貸金業法では「総量規制」という制限があり、年収の3分の1を超える融資はできません。

銀行法が適用される銀行のカードローンは総量規制はありませんが、融資の審査基準が厳しい傾向があり、融資を受けられない可能性は高いです。

銀行のカードローン

銀行が運営しているカードローンです。

申し込みはインターネットや銀行窓口、パンフレットについているハガキを郵送で送る方法があります。返済は銀行ATMやコンビニATMで行います。

最大の特徴は金利の低さです。他のカードローンは最大18%ほどですが、銀行のカードローンは最大14.5%ほどの金利で運営されています。

消費者金融のカードローン

アコムやプロミス、アイフル、モビットなどの消費者金融が運営しているカードローンです。

インターネットや金融機関、無人契約機などで申し込みを行います。

消費者金融のメリットは審査スピードの早さ、融資されるまでの期間の短さです。最短即日で融資を受けられることもあります。

審査基準が低く、定期収入があるほとんどの人が融資が受けられます。

信販系カードローン(+クレジットカードのキャッシング枠)

クレジットカード会社が運営しているカードローンのことです。貸金業法が適用されるので総量規制があります。

クレジットカードのキャッシング枠は金利が高いことが多い

日常的に使用しているクレジットカードにキャッシング枠があるかもしれません。新たな審査なしで利用できるのが魅力ですが、銀行や消費者金融と比べて金利は高いケースが多いです。クレジットカードのキャッシング枠を使うなら、借り入れる前にしっかりと金利を確認しておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠は貸金業法が適用されるので年収の3分の1の制限を受けます。

-カードローンの基礎知識

Copyright© カードローン倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.