職業別

シングルマザーがカードローン契約する前に知るべき公的支援(母子福祉資金・助成金)について

投稿日:

シングルマザーでも働いていれば問題なくカードローンの申し込みができます。

ほぼ全ての金融業者がキャッシングの申込条件に「安定収入があること」をあげていますが、年収が低いからといってNGになるわけではありません。

実際に働いていれば申込可能ですし、勤続年数が1年以上なら審査に通りやすくなります。

もっともシングルマザーは金利の低い公的融資を利用できる可能性が高く、返済する必要のない助成金も利用可能です。まずは助成金と公的融資を検討して、消費者金融や銀行のカードローンは3つめに検討しましょう。

※「明日○○円必要」というような今すぐに借りなければいけない時は、金融機関のカードローンが有利です。

シングルマザーが利用できる助成金・手当金

助成金とは、国や自治体が交付するお金のことです。融資ではないので返済する必要もありません。所得制限があるのでシングルマザーでも高所得者は利用できないものもありますが、カードローンよりは優先的に利用すべき制度です。

多くの助成金や手当金は自動的に貰えるわけではなく「知らなければ貰えない」タイプのお金なので、役所に申請に行く必要があります。

自治体によって制度の内容が異なるので、詳しくはお住まいの市区町村役場に問い合わせください。

1.児童手当

全ての家庭を対象とした支援制度で、0歳~中学卒業までの児童が対象になる手当です。

2.児童扶養手当

母子家庭及び父子家庭を対象とした手当で、0歳~18歳までの子供が対象です。

支給は毎年4月・8月・12月の年間3回行われます。

母子家庭及び父子家庭になった原因は離婚でも死別でも、理由は問われません。

3.児童育成手当

18歳までの子供をもつ親が対象です。

死亡や離婚などで父または母がいない児童を養育している人に支給されます。

4.特別児童扶養手当

20歳未満の障害のある子どもを対象に、その保護者や養育者へ給付される扶養手当です。

支給は毎年4月・8月・12月の年間3回行われます。

5.遺族年金

母子家庭になった理由が死別なら遺族年金が受け取れます。支給額は779,300円+子の加算です。

厚生年金に加入していた場合は、遺族厚生年金も受け取れます。

6.母子家庭・父子家庭の住宅手当

20歳未満の子供をもつ母子(父子)家庭の世帯主は、月額1万円以上の家賃を払っていれば助成制度の対象となります。

7.母子家庭・父子家庭の医療費助成制度

病院やクリニックで診療を受けた時に、健康保険負担額を自治体が負担する制度です。

家庭課母子父子寡婦福祉資金

母子父子寡婦福祉資金は、母子父子寡婦福祉資金は、母子家庭又は父子家庭の方の自立支援のための貸付制度です。

将来的に返済義務のある制度です。

原則として利息は取られません。返済を滞納した場合は元金に対して10.75%の違約金が発生しますが、フリーローンやカードローンの年利(14.50%~18.0%)よりも低いです。

借入理由によって借入額が異なります。生活資金や引越資金、教育資金など多くの用途が設定されています。

シングルマザーがカードローンで融資を借りる

公的な支援制度は融資までに時間がかかります。

すぐにお金を用意する必要がある時は、カードローンの方が有利です。大手消費者金融なら最短で即日融資も可能なので、国や自治体の支援制度ではどうしようもない時にカードローンを検討しましょう。

雇用体系は正社員が有利ですが、派遣社員やパートでも申し込み可能です。

女性向けカードローン(レディースキャッシング)

プロミスやアコムなどの一部の金融業者は女性専用の「レディースキャッシング」という商品を扱っています。

女性の方が審査に通りやすいというわけではなく、一般的なカードローンとの違いは「女性スタッフが対応する」という点だけです。

関連:【女性専用】レディースキャッシングの基礎知識

できるだけカードローン以外の方法で対処する

カードローンは借入・返済のしやすさに優れる便利な金融商品ですが、利息が高く、日常的に借金を繰り返してしまうリスクがあります。

最初にも取り上げましたが、まずは公的な支援制度でなんとかできないかを検討し、カードローンは最終手段として利用しましょう。

-職業別

Copyright© カードローン倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.